古物商 主たる営業所の届出


古物営業法改正 ※営業継続なら主たる営業所の届出必須※

平成30年4月、古物商について許可手続の簡素化などや、買い取りができる場所などの規制を緩和する古物営業法改正案が閣議決定され、法律が改正されました。

すでに古物商許可を取得して営業されている方は「主たる営業所の届出」の手続が必要となり、2年施行日前日までに届出なければなりません。すでに許可を受けている古物商が届出期限内に主たる営業所の届出をせずに、改正法の全面施行日後に古物営業を行った場合は「無許可営業」となりますのでご注意ください。

 

手続きに必要なもの

・主たる営業所の届出書

届出期限があります

改正法の一部施行日(平成30年10月24日)から改正法の全面施行日(公布の日から起算して2年を越えない範囲内において政令で定める日)までの間

上記の届出書類の作成代行を全国対応で承ります。

◎手続代行サービスの内容

管轄警察署への手続きの確認・交渉と電話・メールでの届出サポート
主たる営業所等届出書の作成を行います。
お客様もしくは代理の方は警察署に提出するだけです!
兵庫・大阪・京都の一部地域のお客様は申請(届出)代行も可能です。
お気軽にお問い合わせください。

◎サービスご利用料金

主たる営業所の届出のみの場合

当事務所手数料 10,800円
申請(提出)代行オプション 10,800円~
兵庫・大阪・京都の一部のみ対応可能

複数の変更届を行う場合は、別途お見積り致します。 

※許可証の書き換えの必要がない変更届出は法定費用がかかりません。

 

  • TEL 078-935-1930 / FAX 078-330-8981(月~金 10:00~19:00 /土日・祝日定休日)
  • お申し込みはこちら