古物商許可番号データベースとは?(サイトのご利用にあたって)

古物(中古品)を売買する事業者は、自社の運営しているホームページを用いて取引する場合には、古物商許可の取得とともに、公安委員会へ当該ホームページURLを届け出なければなりません。
届出のあったURLは、公安委員会のホームページに『ホームページを利用して古物売買を行う古物商』等として、名称(氏名)・許可番号とともに公開されます。これは、許可を受けた古物商が開設したホームページであるということを公的に担保し、 インターネット上の無許可営業者の淘汰・排除を図っているのです。

ただし、古物商が運営するホームページであっても、 単に広告や宣伝だけを掲載するものであって、古物(中古品・新古品)の売買、交換等の申し込みを電子メール、電話等、相手方と対面せずに使用できる通信手段により受ける方法で行われていないホームページについては、許可証番号の表示義務やURLの届出は必要ありません。したがって許可業者のすべてが当データベースや各公安委員会のホームページに掲載されているわけではありません。 また、そもそもホームページなどを利用しておらず、非対面取引を行っていない古物商もいますので、そういう場合は当データベースや各公安委員会のホームページ上で古物商許可番号を検索してもひっかかりません。適正に古物商許可を取得している業者でも検索にひっかからない場合があります。

前述のURLの届出がなされた後、その内容が当データベースに掲載されるまでには、各公安委員会のホームページの情報更新後、さらに一定の期間がかかります。 したがって、掲載されてない事業者であっても、直ちに古物営業法に違反しているとは限らないのでご注意ください。

このデータベースに掲載されていても、その事業者の取引における信用性までも保証するものではありません。また、古物商等の許可情報(許可の有無等)に関して、お電話やメールでの問い合わせにはお答えできません。
許可番号が真正なものか否かは、当該業者に対して古物商許可証の提示を求めてみてみるか、当該業者の営業所を管轄する警察署か警察本部へお問い合わせください。

 

 


当ウェブサイトに掲載されている画像及び文章、サイト構成の無断複製及び改編を禁じます。
Copyright(C) 古物商許可番号データベース All Rights Reserved.