古物商 代表者変更


代表者の変更

 

事業の承継等により「法人」の代表者の交代があった場合は、代表者変更の日から20日以内に経由警察署(最初に許可申請を行った警察署)へ変更届出と古物商許可証の書換申請を行う必要があります。
複数の都道府県で古物商許可を取得している場合は、原則として、ひとつの主要な公安委員会へ変更届出をした後、各都道府県の経由警察署で古物商許可証の書換の手続きが必要となります。

「個人事業」の承継による代表者の変更は新たに代表者個人名義での古物商許可を取る必要がります。
新たに古物商許可申請をする場合はこちら

 

手続きに必要なもの

・変更届出書換申請書
・許可公安委員会一覧表(複数の県で許可を取得している場合)
・住民票の写し※
・身分証明書(身元証明)※
・登記されていないことの証明書※
・略歴書※
・欠格事由に該当しない旨の誓約書 ※
・会社登記簿謄本(法人の場合)
・古物商許可証
・許可証の書換え手数料1,500円が必要です。

※印の書類は、すでに役員として登録されている方が、代表者に就任する場合は添付を省略することができます。
※その他、付随する変更内容や営業規模等によって手続が異なりますのでご注意ください。

届出期限があります

変更の日から20日以内に届け出なければなりません。通常、会社登記簿謄本には代表者の就任日が記載されていますのでその日から20日以内ということになります。
短い期限ですので、提出期限を過ぎてしまった場合はできるだけ早めに手続きをしましょう。
あまりにも期限が経過してしまっているときは、別途書類の提出が必要な場合があります。
届出が遅滞している状態で、古物営業に関するトラブルに巻き込まれた場合は行政処分を受ける可能性がありますのでご注意ください。

届出が遅れている場合や代表者の変更登記手続きをしていない場合でも
当事務所へお気軽にご相談ください。

上記の変更届出書類の収集・作成代行を全国対応で承ります。

◎手続代行サービスの内容

管轄警察署への手続きの確認・交渉と電話・メールでの届出サポート
古物商変更届出・書換え申請書・誓約書・略歴書等、申請に必要な書類の作成
証明書類取得代行オプション:役員になる方の住民票・身分(元)証明書・登記事項証明書の代行取得
申請代行オプション:兵庫・大阪・京都の一部のお客様のみ対応可能
原則として特殊なケースの追加費用は不要です。

◎サービスご利用料金

代表者変更のみの届出書類作成の場合

代表者の交代・追加その1
(代表者になる人が今まで役員でなかった場合)

 

15,800円
新たに就任する方の住民票・身分証明書・登記されていないことの証明書・会社登記簿謄本の役所関係書類収集代行オプションは、+4,000円です。
住民票等の一部書類をお客様が準備していただくとオプション料金から1通1,000円割引いたします。

役員の交代・追加その2
(代表者になる人がすでに取締役や監査役または管理者となっていた場合) ただし、2つ以上の県の許可を取得している会社の場合は上記、その1となります

 

5,980円

送 料 全国一律500円
(手数料10,000円以上は送料無料)
申請(提出)代行オプション 10,800円
兵庫・大阪・京都の一部のみ対応可能

複数の変更届を行う場合は、別途お見積り致します。

定款変更サポート
※登記手続が必要な場合の書類作成は、協力先の弁護士又は司法書士事務所が行います。

  • TEL 078-935-1930 / FAX 020-4662-3435(月~金 10:00~19:00 /土 10:00~17:00 /日・祝日定休日)
  • お申し込みはこちら