インターネット取引で中古品購入を検討中の方へ

中古品の買取・販売を業として行うためには、古物商許可という営業許可を得ている必要があります。この許可を得た業者を古物商と言います。
また、古物商が自社の運営するホームページで古物(中古品・新古品)の売買、交換等の申し込みの誘引を行おうとするときは、そのホームページ上に古物商許可番号の表示や、公安委員会に対してURLの届出を行う必要があります。

したがって、この届出が必要な業者でありながら、このページに掲載されていない業者は、古物営業法に違反しているおそれがあります。
 しかし、許可を受けた古物商から上記URL届出があった後、公安委員会及び当データベースに届出内容が掲載されるまでには一定の日数がかかり、未だ掲載されていない許可営業者があるほか、ホームページを利用して古物取引を行っていない許可営業者がありますので、公安委員会及び当データベースに掲載されていない営業者や掲載されている事項と異なる営業者が、直ちに違法な業者であるとは限りません。



インターネットオークション等の電子商取引は非常に便利なシステムですが、詐欺の被害や、商品が届かない等のトラブルが発生しています。利用される方は、このような危険性について理解した上で、十分注意して利用してください。

利用に際しては、
売り手の住所・電話番号が正しいものか確認する。
相手とのメールのやりとりやオークションの画面、振込みの控え等を必ず保管する。
安全性が確認できない場合は取引を中止する。

万一、トラブル等が発生してしまった時は、最寄りの警察署若しくは消費者センターにご相談ください。


当ウェブサイトに掲載されている画像及び文章、サイト構成の無断複製及び改編を禁じます。
Copyright(C)古物商許可番号データベース All Rights Reserved.