古物商変更届 Q&A


古物商変更届 よくあるご質問

全国どこでもサービスを利用できますか?
北海道から沖縄まで、全国どこでも古物商変更届出をサポートさせていただきます。
ただし、申請(提出)手続代行オプションは、原則として兵庫・大阪・京都の一部地域のお客様のみご利用可能となっております。
申し込みの際に準備しておくものはありますか?
古物商許可証の記載内容を確認させていただきますので許可証をご準備ください。
原則として、変更届に必要な書類は当事務所が作成・収集しますが、お客様しか用意できないものは提出にご協力いただく場合があります。例えば営業所の賃貸借契約書や証明写真など、変更事項や地域によって要否が異なりますので、詳しくはご依頼後に要否をご案内させていただきます。
その他、住民票等をすでに取得済みの場合は、手数料の割引の対象となりますのでその旨お知らせください。
支払い方法や費用について教えてください。
当サービスをご利用いただく場合は、銀行振込み・カード決済の前払いとなっております。費用についてはこちらの料金ページを、お支払い時期につきましては利用規約をご確認ください。
複数の変更事項がありますが料金はいくらかかりますか?
複数の変更届を同時にご依頼いただく場合は、 原則としてサービス料金の高い方の金額が適用されます。 ご不明な場合は事前にお見積りいたしますのでお気軽にお問い合わせください。
申請書類が届くまでの日数はどれぐらいかかりますか?
代表者や役員・管理者など新たに人が就任する場合や、営業所の増設などに関する変更手続きの場合は 7~10日前後で申請書類一式・申請の案内書を送付いたします。
人に関する変更がなく、住所などの変更のみの場合は、3~5営業日ほどで申請書類一式・申請の案内書を送付いたします。
※ただし、営業内容や地域・お客様にご準備していただくものの準備状況等により異なる場合がありますのでご了承ください。 ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
届出期限をすでに経過してしまった場合はどうしたらいいですか?
法定の届出期限は短い期限ですので、提出期限を過ぎてしまっている場合もあるかもしれません。
あまりにも期限が経過してしまっているときは、別途書類の提出が必要な場合があります。
届出が遅滞している状態で、古物営業に関するトラブルに巻き込まれた場合は行政処分を受ける可能性がありますので、遅滞していることに気づいた時点で、できるだけ早めに手続きを行ってください。
当事務所はそのような事案のサポートもさせていただきます。
行政書士とは?
行政書士(ぎょうせいしょし)とは、行政書士法に基づき、官公署(省庁、都道府県、 市町村、警察署、保健所その他の行政機関等)に提出する書類及び権利義務・事実証明に関する書類の作成の代理等を業とする国家資格者です。
詳しくは日本行政書士会連合会ホームページ(外部サイト)をご覧ください。
  • TEL 078-935-1930 / FAX 020-4662-3435(月~金 10:00~19:00 /土 10:00~17:00 /日・祝日定休日)
  • お申し込みはこちら